F 上手な子供シューズの選び方

子供シューズを選ぶのはとっても難しい

子育てを経験した方なら、子供シューズを選ぶのはとても難しいということを知っているでしょう。子供シューズは上手に選ばないと、結局履かなかったなんてことになってしまいますので、上手な子供シューズの購入のポイントについて知っておくことは非常に有益なのです。子供シューズはそれほど安いものではないので、無駄に買ってしまうとかなりの出費になりますので気をつけましょう。

子供の靴を買う時のポイント

ベビー

シューズ選びは個人個人で全く異なる

子供の足を良く見てみましょう。長細い、幅が太い、足が分厚いなど、子供によって足の形や大きさが全然違います。そのため年齢でシューズを選ぶことは難しいです。加えて、例えサイズが合っていたとしても、厚さや幅が合わなければ子供はそのシューズを窮屈に感じてしまいます。子供の足の形をよく観察してシューズを選ぶことが大事なのです。

買いかえるのを躊躇うのは良くない

子供が小さければ小さいほど足のサイズも変わりやすいですが、ちょっときつそうだけど買いかえるのはまた来月でいいや、などとシューズの買いかえを躊躇うのは子供の発育にとってマイナスになってしまいます。このように、シューズが小さい場合は足の発育を阻害してしまうことになります。また、少し大きいサイズを買うというのもあまり良くないです。確かに買いかえの時期はすぐ来るので、少し大きめのサイズを選ぶことは経済的ではありますが、ブカブカのシューズでは子供の運動を制限してしまいますので注意しましょう。

子供の成長段階に応じたシューズ選び

シューズの役割は、子供の成長とともに少しずつ変わってきます。一般的に子供がひとりで走り回って遊ぶようになったら、靴のクッション性、床や土などとのグリップ性に優れたものに少しずつシューズを変えていくと良いでしょう。

子供シューズ選びのポイント

1、足の指先がしっかりと動く
子供にシューズを履かせた時に、足の指先がしっかりと動くか必ず確認しましょう。足の指先がしっかりと動かないようなシューズだと、足のふくらはぎやスネの神経や筋肉が十分に発達しないということになってしまいます。足の指先がしっかり動かせるようなシューズであれば、子供の足の機能がちゃんと発達するのを助けてくれるでしょう。
2、踵まわりが頑丈なもの
踵は体の重心になる非常に大事な部分です。小さな子供はまだ踵の骨がしっかりと形成されていないので、この時期に踵がしっかりと支えられないものを選んでしまうと、O脚やX脚になってしまいます。そういった視点から、踵付近の作りが強固なものを購入すると良いです。
3、シューズの底の柔軟性があるもの
シューズの底が硬すぎると、子供が歩いたり走ったりする時の動きを妨げてしまいます。具体的にいうと、前に進むために蹴った足の衝撃がしっかりと床面に伝わらなくなってしまうのです。シューズの底がペラペラなものは、逆に子供の足に負担がかかってしまいますが、硬すぎる素材も良くないです。
4、足の甲にフィットしているもの
シューズが足の甲にフィットしているかいないかも重要なポイントです。足の甲の部分がある程度しっかりとしまっていないと子供は自然な歩行が出来ません。子供の足の甲にピッタリとフィットするシューズを選びましょう。

【PR】
格安で子供シューズを購入
カラーバリエーションが豊富で選びやすい

子供用のサンダルを買おう

親子

子供用サンダルについて

子供用のサンダルは1~2足持っておくと非常に便利です。子供サンダルのメリットについて書いていきますので読んでみて下さい。

READ MORE
広告募集中